このソフトのレビューを書く

俺の屍を越えてゆけ2 レビュー

俺の屍を越えてゆけ2
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2014/07/17
価格 6,264円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 セクシャル 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人

スコアボード

俺の屍を越えてゆけ2評価ランク
中央値
50
難易度
2.30
レビュー数
10

スコアチャート 俺の屍を越えてゆけ2レビューチャート




0%
0-9
10%
10-19
0%
20-29
10%
30-39
30%
40-49
30%
50-59
20%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
20%
【標準偏差】
16.43

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  11人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 3pt 2pt 2pt 3pt 2pt
総合点
49pt

GOOD!

前作未プレイです。

独特な「和」のテイストは気に入りました。あとキャラクターも個性的なのが多数登場するので、ユニークで良かったです。色塗りや全体の雰囲気にセンスを感じた。大神に近いようなそういう独自のセンスが世界を築けていたと思います。

BAD/REQUEST

やはり夜鳥子の存在はちょっとネックですね。
このキャラ造形自体は嫌いじゃないってか、むしろ結構好きなんですが、
何かにつけてでしゃばってくるし、一族の成長や育成を楽しんでいくはずが、
夜鳥子のおかげでおじゃんになってしまってるような。

COMMENT

前作はジャケットのガキの顔が強烈な印象を与えてましたがw
本作はいつぞやプリプに来てて、あれ、ちょっと前に発売されてたのにもうフリル落ち?とか驚きながらプレイしてみたら、なるほどなーと納得した。
世界観とか好きなんだけど、完全にベクトルが違う方へ向いてしまったような作品だった。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
難民と移民さん [2017/04/18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  164人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 0pt 1pt 1pt 2pt
総合点
30pt

GOOD!

音楽は非常に素晴らしいと感じました。単純に良いというだけでなく、このゲームが持つ空気感とよく親和していて、「なるほどこういう雰囲気のゲームだよね」という説得力があります。だいぶ昔のゲームの続編が最新機種で出るというギャップ、あるいは私たちに馴染み深いはずの和風の設定に、非常に独特なゲーム性を兼ね備えているというギャップ。そういった、「懐かしさ」と「新しさ」の両面を持ったゲームだという点も見事に表現していると思います。

オリジナリティはやはり高いと思ます。短命の一族が子孫を残しながら少しずつ強くなっていき、悲願達成を目指す。RPGというジャンルにおいてこういったコンセプトのゲーム自体が珍しいし、またその珍しい世代交代型ゲームの中でも、「世代交代」というものにシステム面から深く踏み込んでいます。能力面での遺伝は前作からありましたが、今作ではそれにくわえてキャラクターの外見にも反映されるようになっていて、必ずしも美形が生まれるとは限らないわけですが、これはこれで面白いと思いました。グラフィック面のクォリティでもっと頑張れていたらさらに素晴らしかったのですが。
また、ネットワークを介して他プレイヤーの国へ「遠征」できるというのも目新しく、そのアイディア自体は良かったと思います。

BAD/REQUEST

熱中度については、残念ながら最低点をつけざるを得ません。今まで買ったほとんどのRPGを最後までクリアしてきた自分が、途中で投げ出したからです。
理由はいくつかありますが、「俺の屍を越えてゆけ」というタイトルなのに、その「俺」や「俺の子孫」が主人公ではなかったという点はやはり大きかったと思います。

「自分のキャラが世界の中心になかったから不満だ」と言っているわけではありません。大きな世界の仕組みの中でちっぽけな存在が精一杯生き抜き、その生き様が物語となることだってあります。そういった物語においては、そのちっぽけな存在は紛れもなく主人公です。そういった方向性で名作となったゲームはいくつも知っています。

しかしこのゲームはそうではありません。このゲームはヒロイン「夜鳥子」のために、名も無きキャラクターを操作し(もちろん名前をつけることはできますが、その名前に記号以上の意味はありません)、彼女の個人的なわだかまりとそれによって引き起こされた事件を解決してあげることが目的です。「夜鳥子」に尽くさないという選択肢は存在しませんし、「夜鳥子」を無視してゲームを進めるという選択肢も存在しません。

これはシナリオだけでなくシステムにおいてもそうです。戦闘メンバー、家族計画など、とにかくゲームを進める上であらゆる点が「夜鳥子」に縛られ、それを拒否するとゲームが進みません。「夜鳥子を拒絶する」=「ゲームクリア不可能」になっています。つまり、私がゲームをクリアできなかったのもそういう理由です。

最初からそういうコンセプトのゲームだったというなら、それはそれでやりようがあったと思います。制作者が同じである「リンダキューブ」などは実際そういう面がプラスに働いていたと思います。しかし「俺の屍を越えてゆけ」というタイトルの続編でそれをやるのは非常に食い合せが悪く、シナリオにおける「夜鳥子」の掘り下げが甘いこともあって、プレイした感覚としては「なんだかよくわからない人のために我が家の資産が食いつぶされ、我が子が苦労させられ続けるのを実感するゲーム」という印象が拭えません。「俺屍」というタイトルと中身が合っていない、というのが端的な感想です。

快適性は低いです。何をすればよいか提案してくれる「コーちん」のナビシステムだけは便利で良かったのですが、それ以外の問題点が大きすぎました。

とくに、広すぎる上に全体マップがなく現在地の把握が困難な迷宮、その迷宮を唐突に通せんぼしてくる無数の鍵(対応する鍵がどこにあるのかはノーヒント)などは大きな問題です。鍵はとある裏技でなんとかなるのですが、そもそも探索に時間制限があるゲームなので、広く複雑な迷宮自体がまったく楽しくないのです。前作ではその辺を考慮してシンプルな構造になっていたと思うのですが、続編でなぜこうなったのか理解に苦しみます。迷宮を移動するときの視点も非常に見づらく、敵を回避したり、逆に敵にアタックを仕掛けるのもやりにくく、とにかく探索中は常時ストレスを感じていました。

また、「遠征」のアイディアは良かったのですが、その「遠征」によって行ける国のリストに出てくる国がどうにも自分の現状に合っていなかったり、かといって条件に合った国を検索する機能もほとんどなかったり、にもかかわらずこの「遠征」を行わないとゲームプレイの幅が非常に狭まってしまったり…と問題点は多いです。

COMMENT

とんでもなく質の悪いゲーム未満のシロモノだとか、制作者のやる気の無さがにじみ出ている駄作だとか、そういったものではありません。オリジナリティも良いところもあります。しかし総評としてみると、「ここをこうすればよかったのに」「なんでこうしてしまったのだろう」という残念感が非常に大きいです。

特に、ゲームの中心に特定のキャラクター「夜鳥子」を、決して取り除けないレベルでガッチリ固定してしまった点については、なぜ「俺屍」でこれなのか?という疑問がどうしても拭えません。前作のファンでなければここまで疑問は感じなかったのかもしれませんが、このゲームは各種広告媒体、テレビCMに至るまで再三にわたって「前作」を意識したアピールを行っていましたから、肩透かしを食った気分です。

制作者がこちらの気持ちを理解していなかったのか?それとも、こちらの予想をあえて裏切ることで期待に応えようとしたのか?真実はわかりません。制作者のコメントも出ていますが、それがすべて本心である保証などどこにもありません。ただはっきりと言える自分の中のこととしては、「俺の屍を越えてゆけ」というタイトルを15年前に聞き、そのゲームをやったときに感じたものは、このゲームの中には感じられませんでした。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(未クリア)
角笛さん [2015/01/16 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  163人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 4pt 2pt 3pt 2pt 4pt
総合点
58pt

GOOD!

■システム■
2年弱しか生きられないという呪いをかけられた一族を、育成、交神することで強化し、呪いをかけた敵を退治するという育成RPG。
キャラクターを育てるのではなく、一族全体を鍛えるゲームというコンセプトは、第1作目から引き継がれており大変面白い。
「体力は満タンにして動け」や「敵の動きを止めてでも敵の背後から当たれ」といった細かなこの世界で生き抜くためのルールも前作と変わらず存在し、「そうそう、こういう世界だった」と懐かしい気持ちでプレイすることができた。

■音楽■
赤い火状態で流れるの曲やエンドロール時の祭囃子など純和風テイストである作品によくあった音楽で、大変聞いていて心地よい。

■難易度■
雑魚敵でさえ先制されると、大変苦しい戦いとなったり、後半のボスは通常ステータスでは歯が立たずステータス強化の術を限界まで重ねがけしてようやく対等に戦えるバランス設定であり、他のゲームと比べても難易度は高い部類で非常に歯ごたえがある。
また、難易度は五種類から選べゲーム中変更可能なため幅広いユーザに対応できている。

BAD/REQUEST

■参加強制キャラクターの存在■
ゲーム中盤以降、特定のキャラクターを連れて行かないと、物語が進行しなくなるが成長速度が一族と異なること一族の育成スケジュールを調整しなくてはいけないことからプレイしていてストレスがたまる。
育成型RPGには相容れない存在なのではないかと感じた。

■シナリオ■
物語が進むにつれて真実を思い出す形で登場人物の関係性や事件の真実が明らかになっていくのだが、思い出し方が一枚絵何枚かを断片的に見せることと数行のテキストだけであるため、伝えたいことが伝わってこずプレイしていてもあまり引き込まれなかった。全体的に説明不足に感じた。

COMMENT

1.05パッチ導入後プレイ。どっぷりモードでクリア済。
パッチ適用後は、神様がよく下天して交神相手がいない、参加強制キャラクターの奉納点が高いといった進行に関わる大きな問題は解決できている。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ぐるぐるさん(レビュアー情報) [2014/12/08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  165人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt 2pt
総合点
65pt

GOOD!

・交神、一族育成システムは健在
・顔などの特徴も遺伝、潜伏しているのか思わぬところで先祖の特徴がでる事も
・他国遠征、養子、結魂システムの利用頻度で難易度の調整が可能
・難易度が細かく分かれているので、上記システムとあわせて楽勝~激ムズまで調整できる
・好きな神様が育つのでやりこみがいアリ
・一族、他家との写真などがとれるので思い出が残しやすい

BAD/REQUEST

・ストーリー上のキーキャラクターイベントが毎回同じなので、「またかよw」という気分になる
 イベントの見せ方が淡白すぎました。
・奥義を全て覚えられない(一人4つまで)
・迷宮内での変化に乏しく、真剣に覚えるか攻略本を見るかしないと、周回は厳しい
・「あっさり」モードだと時間の進むのが早く、自信がないのであっさり→迷宮途中で時間切れ、という事がある(一応難易度選択では「しっかり」が一番楽と説明あり)
・イベント回想がない
・何人かの神様が途中から交神不可になる
・過去バージョンにおいてバグがあった(パッチ対応済み)

COMMENT

できるだけ遊びつくしてから評価しよう、というスタンスでやってます。

特定のキャラクターについて一部の神が「強かった」「人気だった」という様な話をしますが、「ハーレム」「みんなが特定のキャラを持ち上げる」というほどではないなという印象でした。一部神様(おそらく晴明が母を探す原因を作ったうちの一人)などは、結構な執着をしているようですが、憎しみ込みなのでそんなに気にしなくてもいいと思います。ただし、台詞の言い回しなどのアラは結構目立ちました。

また、シナリオ進行時に必須となるキャラがいますが、一族常駐させるか、進行時のみ呼び出すか自由ですので、個々のスタンスで選ぶといいと思います。

システムが非常に面白く、クリア後の裏ダンジョン、隠し要素制覇までは一喜一憂しながら遊べると思いますが、シナリオはあって無きが如しなので、一族や神様の様子を想像しながら遊べる人向けです。

他所の国へいって、みんなで写真とって、家紋争奪して、いろいろ想像して。
そんな楽しみ方ができるのがうれしいです。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
madさん [2014/12/02 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  166人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
1pt 1pt 4pt 0pt 0pt 0pt 0pt
総合点
11pt

GOOD!

音楽はよい。ただ一族ののろいを考えれば若干軽すぎるか。
外見遺伝と言うアイディアはよかったがグラが微妙なためあまり生かせてない。

正直音楽を除けば前作から引き継いだ要素くらいしか評価点がない。

BAD/REQUEST

ストーリーは最悪の一言に尽きる。
一族は初代当主がキャラメイク式で自身の顔を撮影してそれをベースに作ることもでき、その外見が遺伝して行く文字通りのプレイヤーの分身である。
にもかかわらずストーリーは夜鳥子と言うキャラのみに焦点を当てて進む。基本一族は台詞のひとつもない夜鳥子のお供でありイベントシーンでのボスとの会話などではボスと夜鳥子がしゃべってる間画面の隅にすら映らないことがほとんどである。
また一族は表情が作れず固定のためどんなシーンでも笑顔だったり、にらみを利かせてたりする。
前作から続投のキャラはほぼ全員が夜鳥子とその夫を持ち上げ、褒め称える役を与えられており中には夜鳥子のためにストーリー中に消滅したり、大幅な性格や設定の変更を食らってたり最悪噛みあわせが悪いとして存在自体をなかったことにされてたりする。
前作含め汚してくる最悪のシナリオである。

システムは調整不足かつバグの温床であり処理落ち、フリーズ、装備の消滅、進行不能、セーブデータ破損など数え上げればきりがない。修正パッチを当てたら新たなバグが発生すると言うのも何度もあった。
ゲームバランスはバランスそのものが調整不足なのに加え前述のバグの中に使い方しだいでお金を無限に稼いだり最序盤に最強装備をはした金で取得できたりするものがあるのでストーリーの短さもあいまってクリアは非常に簡単である。
クリア後のやりこみ要素はプレイヤーの手で交神相手の神を次々と抹消していくと言う俺屍のシステムに真っ向から反逆する内容であり、進めるほどに取れる行動が減っていくと言う誰得仕様。
なお最強の裏ボスも○○○である。ここまで徹底して○○○だともはや笑うしかない・・・笑えないよ・・・・・。

COMMENT

自分は初代・Rを完全クリアした上で2限定版を本体ごと購入、メモリースティックも64G版を用意し気合十分で挑んだのですが・・・ごらんの有様である。
詳しい内容はここにはとてもじゃないが書ききれないのですがなんせ前作の思い出すら木っ端微塵に破壊する内容ですので初代やRをプレイしてまだ2をやってないと言う人は買うどころかプレイ動画を見るのすらお勧めできません。と言うか見たら後悔します。
「お金をどぶに捨てるようなもの」と評される作品は多いですが今作は「買うくらいならお金をどぶに捨てたほうがマシ」の領域です。

新規プレイヤーの方にしてもこれを買うくらいなら完成度が高く値段も安い初代かRを買うことをお勧めします。2から買う利点はオンラインくらいですがこの評価の低さではサーバーも早々に打ち切られる可能性があります。
ゲームの仕様上オフラインではプレイにかなり支障が出るためサーバーが終了した時点でこのゲームもほぼ終了です。

なぜ初代、Rともに問題点はあるものの良作だったのにこんなことになったのか・・・
作者は20年遊べるゲームを造ろうとしたらしいですが、悪い意味で20年は語り続けられるゲームになってしまいました。
俺屍に限らず名作の続編でこんな悲劇が二度と起きないよう業界の人はがんばってください・・・。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
のんさん [2014/11/01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

【PSVita】俺の屍を越えてゆけ2
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)
入力文字数:0
入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等

入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「俺の屍を越えてゆけ2」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

お知らせ
Switch mk2(Switchのゲームレビューサイト開設しました。皆さまの投稿お待ちしております!)
2017/08/21更新 (2017/08/20投稿分まで掲載)
Tearaway -はがれた世界の大冒険-

2017/08/05更新 (2017/08/04投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦V
ペルソナ4 ザ・ゴールデン

2017/08/04更新 (2017/08/03投稿分まで掲載)
ソードアート・オンライン ‐ロスト・ソング‐

2017/08/01更新 (2017/07/31投稿分まで掲載)
機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE

2017/07/28:レビュー募集を開始しました!
空蝉の廻
グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-
喧嘩番長 乙女~完全無欠のマイハニー~
緋色の欠片 ~おもいいろの記憶~
ワガママハイスペック
2017/07/28更新 (2017/07/27投稿分まで掲載)
シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~

2017/07/21:レビュー募集を開始しました!
ひめひび 1学期 -Princess Days-
ファーミングシミュレーター18 ポケット農園4
ラビ×ラビ-パズルアウトストーリーズ-

2017/07/09更新 (2017/07/08投稿分まで掲載)
GOD WARS ~時をこえて~

2017/07/07:レビュー募集を開始しました!
オメガラビリンスZ

2017/07/02更新 (2017/07/01投稿分まで掲載)
フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~

2017/07/01更新 (2017/06/30投稿分まで掲載)
Rocketbirds: Hardboiled Chicken

2017/06/30:レビュー募集を開始しました!
おそ松さん THE GAME はちゃめちゃ就職アドバイス -デッド オア ワーク-
カルマルカ*サークル
罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V

2017/06/28更新 (2017/06/27投稿分まで掲載)
サガ スカーレット グレイス

2017/06/23:レビュー募集を開始しました!
GOD WARS ~時をこえて~

2017/06/02:レビュー募集を開始しました!
死印
ツキトモ。- TSUKIUTA. 12 memories-

2017/05/26:レビュー募集を開始しました!
三國志13 with パワーアップキット
だれでも初段になれる囲碁教室
MARGINAL#4 ROAD TO GALAXY
らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!

2017/05/21更新 (2017/05/20投稿分まで掲載)
不思議の幻想郷TOD -RELOADED-
イースVIII(イース8) -Lacrimosa of DANA-

2017/05/18:レビュー募集を開始しました!
Rewrite Harvest festa!

2017/05/12更新 (2017/05/11投稿分まで掲載)
サカつく プロサッカークラブをつくろう!

2017/05/09更新 (2017/05/08投稿分まで掲載)
LIMBO

2017/05/08更新 (2017/05/07投稿分まで掲載)
イース セルセタの樹海
KILLZONE: MERCENARY(キルゾーン マーセナリー)

2017/05/05更新 (2017/05/04投稿分まで掲載)
WORLD OF FINAL FANTASY

2017/05/01更新 (2017/04/30投稿分まで掲載)
デュラララ!! Relay
キャプテン・アース Mind Labyrinth
いろとりどりのセカイWORLD’S END-RE:BIRTH-
白衣性愛情依存症
冴えない彼女の育てかた - blessing flowers -
LOVELY×CATION 1&2
POSSESSION MAGENTA
ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V
猛獣使いと王子様 ~Flower & Snow~
新装版 魔法使いとご主人様
プロ野球スピリッツ2012
FIFA13 ワールドクラスサッカー
プロ野球スピリッツ2013
実況パワフルプロ野球2012
実況パワフルプロ野球2012決定版
5人の恋プリンス~ヒミツの契約結婚~
ハーヴェストオーバーレイ
忍び、恋うつつ - 雪月花恋絵巻 -
AMNESIA World(アムネシア ワールド)
極限脱出ADV 善人シボウデス
クリミナルガールズ INVITATION
限界凸起 モエロクリスタル
ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-
追放選挙
デート・ア・ライブ Twin Edition 凜緒リンカーネイション
ロミオVSジュリエット 全巻パック
ひまわり-Pebble in the Sky-
Rear pheles -red of another-
IS<インフィニット・ストラトス>2 ラブ アンド パージ
ゆのはなSpRING!
なないろリンカネーション
十三支演義 偃月三国伝1・2
英雄伝説 碧の軌跡 Evolution
カエル畑DEつかまえて☆彡
花咲くまにまに
ものべの -pure smile-
キスベル
CLANNAD
ワンピース アンリミテッドワールド R
彼女(あのコ)はオレからはなれない
パルフェ